ブログ BLOG

カムログインプラントについて


当院では、ドイツのインプラントメーカーであるカムログ社の「カムログインプラント」を使ったインプラント治療を行っています。

カムログ社は25年以上の歴史を持つ、ドイツのトップインプラントメーカーです。カムログインプラントはドイツ国内のインプラントパーツのシェア1位を誇ります。

基礎研究に裏付けされた高度な技術に基づき、カムログインプラントは作製されます。精密さと高い安定性を持つ優れたインプラントパーツとして、カムログインプラントは日本を含め世界中の歯科医院で採用されています。


■インプラントの構造


インプラントは主に3つのパーツから構成されています。

・上部構造=歯ぐきから上の歯の部分、人工歯
・アバットメント=フィクスチャーと上部構造を連結する部品、人工歯の土台
・フィクスチャー=顎の骨に埋め込むネジのような部品、人工歯根

インプラント手術では、歯ぐきを切開してフィクスチャーを顎の骨に埋め込み、人工の歯根を作ります。次に、埋め込んだフィクスチャー(人工歯根)に歯の土台となるアバットメントを取り付け、最後に人工歯となる上部構造を取り付けます。

インプラントにはフィクスチャーとアバットメントが一体化したワンピースタイプの物もあります。上記の3つのパーツから構成されるインプラントはツーピースタイプと呼びます。


■カムログインプラントの特徴・メリット


◎緩みにくく安定度の高いインプラントシステム

カムログインプラントの最大の特徴はフィクスチャーとアバットメントがしっかり連結し、安定度が高い点です。

従来のインプラントは噛む力によってアバットメントが緩んでしまうことがあり、人工歯の動揺やインプラントパーツの破損が起きやすい点が問題でした。

この「アバットメントがフィクスチャーから緩んでしまう問題」を解消したのが、カムログインプラントです。カムログインプラントシステムはフィクスチャーの内面に3か所の凹み(ノッチ)を作り、アバットメントの内面に3か所の凸状の突起(カム)を作ることで強固な連結システムを実現。フィクスチャーからアバットメントが緩む問題が解消され、しっかりと安定してインプラントを使えるようになりました。

カムログインプラントのノッチ&カムシステムはカムログ社独自の特許技術で他のメーカーにはありません。当院では患者様により長く、より安全に、安定してインプラントをお使いいただくため、開院以来、すべてのインプラント治療においてカムログインプラントを使用しています。


◎サンドブラスト加工でフィクスチャーと顎の骨の結合を強化

カムログインプラントのフィクスチャーはサンドブラスト加工されており、表面が粗い状態になっています。表面を粗くすることで顎の骨との結合が強化され、フィクスチャーと顎の骨がより強固に固定されます。


◎カムログガイドにより精密な手術が可能に

カムログインプラントは安定度が高いインプラントシステムのほか、手術をガイドするガイド機能も備えています。

カムログインプラントを用いたインプラント治療では、撮影した患者様のCT画像のデータをもとに、ランドマークシステムによりフィクスチャーの埋め入れ位置や深さが適切にシミュレーションされます。ランドマークシステムを用いて手術前に綿密にシミュレーションを行うことで、勘や目視のみに頼らない精度の高いフィクスチャーの埋め入れが可能になります。

さらに、カムログシステムではシミュレーション結果をもとに3Dプリンターでカムログガイドを作成します。カムログガイドは手術の際に用いるガイド器具です。カムログガイドを用いてフィクスチャーの埋め入れを行うことで、手術の安全性と正確性が高まります。

【カムログ社公認インストラクターの医長がオペを担当します】

熊谷ディアベテスクリニック歯科では、すべてのインプラント治療はカムログインプラント公認インストラクターの資格を持つ医長の小西がオペを担当いたします。

私はカムログインプラント公認インストラクターとして国内の講演会・講習会において歯科医師の指導にあたり、海外での論文発表も行ってきました。これまでの経験に基づき、患者様お1人お1人に適したインプラント治療をご提供させていただきます。

インプラント治療をご検討中の方、糖尿病などの基礎疾患をお持ちでインプラント治療をご希望の方は、当院までお気軽にご相談ください。

当院は、熊谷・深谷・行田など近隣市町村からの患者様はもちろん関東、東海・甲信越からご通院くださっている患者様もいらっしゃいます。治療回数を減らした治療プランのご提案も可能です。

熊谷ディアベテスクリニック歯科
医長 小西 雅也

院長の経歴はこちら→