ブログ BLOG

歯が抜けたままにしていませんか?歯が抜けた状態を放置する危険性とインプラント治療について



歯周病やむし歯、不慮の事故などが原因で歯を失ってしまうことがあります。


歯を失ったとき、「別に問題ないから、このままでイイや」と歯が抜けたままにしていませんか?


歯が抜けた状態を放置していると、お口の機能や見た目をはじめとして、全身にもさまざまな悪影響をおよぼす可能性があります。


今回は、「歯が抜けた状態を放置する危険性」および「歯を補う際にオススメのインプラント」についてのお話です。


■歯が抜けたままにしていると…


歯が抜けた状態を放置していると、以下のように、お口の機能や見た目に問題が起きることがあります。


デメリット①全体の歯を使って食べ物をしっかり噛みにくくなる


歯が抜けたままにしていると、全体の歯を使って食べ物をしっかり噛みにくくなります。


デメリット②歯並びが乱れてくることがある


歯が抜けた状態を放置している方は、歯が抜けていない側の歯列ばかりで噛むなど、アンバランスな噛み方になりがちです。アンバランスな噛み方を続けた結果、歯並びが乱れてくることがあります。


アンバランスな噛み方に加え、歯が抜けた箇所に隣の歯が倒れ込んできてしまい、全体の歯並びが乱れるケースも。


デメリット③糖質中心のやわらかい物ばかり摂りがちになる


歯が抜けたままにしている方は、全体の歯を使ってしっかり食べ物を噛みにくくなります。弾力のある肉や魚、繊維質の野菜をしっかり噛みにくくなるため、歯が抜けたままの方はご飯や麺類、お菓子、ジュースやお酒など、糖質中心にやわらかい物でカロリーを補っているケースが少なくありません。


デメリット④栄養バランスが乱れやすくなる


歯が抜けた状態を放置し、全体の歯を使って食べ物をしっかり噛めないでいると糖質中心の食生活になり、栄養バランスが乱れてくることがあります。


糖質中心の食生活によって栄養バランスが乱れると肥満や糖尿病、高血圧など、生活習慣病がひき起こされやすくなるため、注意が必要です。


弾力のある肉や魚を摂らなくなることでタンパク質が不足し、全身の筋肉量が低下して歩行や日常動作に支障が出るケースもあります。また、繊維質の野菜を摂らなくなることでビタミン・ミネラルが不足し、病気や体調不良をひき起こすおそれも。


デメリット⑤発音しにくくなることがある


歯が抜けたままでいると、発音しにくくなることがあります。特に前歯が抜けた状態を放置していると、サ行やタ行、ラ行などの発音に支障が出やすいです。


デメリット⑥お口の見た目が悪くなりやすい


歯が抜けた状態、特に前歯が抜けたままにしていると、お口の見た目が悪くなりやすいです。


歯が抜けたままの方は「だらしがない」「不潔そう」「歯を入れるお金もないのかな」と、ネガティブなイメージを持たれてしまうことも。


デメリット⑦頭痛や肩こり、姿勢の乱れがひき起こされることがある


歯が抜けた状態を放置し、アンバランスな噛み方をしていると顎関節周りの筋肉バランスが乱れてくることがあります。


顎関節周りの筋肉バランスの乱れが生じると、顎から首、首から背中、背中から骨盤、骨盤から足、というように全身の骨格・筋肉のバランスに悪影響を与えてしまい、頭痛や肩こり、姿勢の乱れがひき起こされることがあります。


—–


以上が、歯が抜けた状態を放置することの主なデメリットです。意外なほど、多くのデメリットがあることに驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?


次の項では、抜けた歯を補う際にオススメのインプラント治療をご紹介します。


■歯を補う際はインプラントがオススメです


失った歯を補う際は、インプラントがオススメです。人工歯根をお口の中に作るため、インプラントは安定性が高く、以下のようなたくさんのメリットがあります。


メリット①安定性が高い


インプラント治療ではインプラント体を顎の骨に埋め入れ、お口の中に人工歯根を作ります。


埋め入れたインプラント体は生体的現象(オステオインテグレーション)によって強固に結合するため、安定性が高いです。


治療後はご自身の歯に近い感覚で硬い物もしっかり噛んでお食事を楽しめます。


メリット②残っている歯を傷つけない


インプラントは失った歯の箇所にのみ、治療を行います。残っている歯を傷つけません。


インプラントにすることで残っている歯の寿命の延伸にもつながります。


メリット③ずれたり外れることがほぼない


インプラントは固定式です。入れ歯のようにずれたり外れることはほぼありません(※)。


(※)ケア不足によってインプラント周囲炎を発症した場合など、ケース

によってはインプラント体のゆるみ・脱落が生じることがあります。


メリット④発音しやすい


インプラントは固定式のため、発音しやすいです。入れ歯のように、人工歯(義歯)がずれたり外れて発音の邪魔をする心配がありません。


メリット⑤毎日のお手入れがカンタン


インプラントは固定式のため、毎日の基本的なお手入れは歯みがき+歯間清掃でOK(※)。入れ歯のように取り外して洗う必要がありません。


(※)インプラント、および、お口の健康を保つためには毎日のセルフ

ケアに加え、歯科医院で受ける定期メンテナンスが必須になります。


メリット⑥自然な見た目の歯に近づけられる


インプラントの人工歯は透明度が高いセラミックです。光を良く透すため、治療後は天然歯のエナメル質のような、自然な見た目の歯に近づけられます。


【失った歯の治療方法やインプラントの治療院選びでお困りの方はお気軽にご相談ください】


歯を失ったときはインプラントにすることで、歯の噛む機能と見た目を回復できます。歯が抜けた方はそのままにせず、インプラントをはじめとする補綴治療で歯を補いましょう。


-インプラントの無料相談を受付中です-


失った歯の治療方法やインプラントの治療院選びなど、インプラント治療に関するご不安やご質問がある方は当院までお気軽にご相談ください。カウンセリングは無料です。ご予約はお電話にて承っております。

当院は、熊谷・深谷・行田など近隣市町村からの患者様はもちろん関東、東海・甲信越からご通院くださっている患者様もいらっしゃいます。治療回数を減らした治療プランのご提案も可能です。

熊谷ディアベテスクリニック歯科
医長 小西 雅也

医長の経歴はこちら→